100均(ダイソー)ピーラー、キャベツピーラーの切れ味を確認してみた

野菜の皮むきに便利なピーラー。

ピーラーは色々なメーカーから販売されており、価格は1000円前後が相場だと思います。

そんな中でひときわ安いのが100均のピーラーです。

できれば安いもので済ませたいけれども、やはり切れ味が気になりますよね。

今回は、そんな100均のピーラー、キャベツピーラーの切れ味を確認してみましたので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

100均(ダイソー)ピーラーの切れ味を確認

今回使用した100均のピーラーはダイソーのピーラーです

100均ピーラーの比較として使用したのは、切れ味の良さが人気の貝印のピーラーです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: peeler_dh3000.png

実際に皮をむいて、切れ味を確認しました。

結果としては、貝印のピーラーの方が圧倒的に軽い力で皮むきができました。

100均ピーラーでも皮はむけますが、力を入れないとむきにくく、滑らかに皮をむける感じはありませんでした。

また、強い力を加える分、ピーラーをコントロールしにくくなるので、怪我のリスクも高くなるのではないかと思います。

スポンサーリンク

100均(ダイソー)キャベツピーラーの使い方、切れ味を確認

使用したのは、ダイソーのキャベツピーラー(下の写真左側)です。

一般的なピーラー(下の写真右側)と比較すると、刃の部分の幅が大きいことが分かります。

まず、握り心地についてはあまり良くないと感じました。

これは持ち手の部分が直線的な構造で、手にフィットしにくいことが原因だと思います。


使い方としては、キャベツを半分もしくは4分の1に切って、芯の部分を避けるように千切りにすると、やりやすいと思います。

硬い芯の部分は、刃が引っ掛かって滑りにくいためです。

硬い部分を無理に切ろうとすると、大きな力を加える必要があるため、飛び散りの要因にもなります。

下の写真のようにキャベツの角を削るように刃を当てることで、飛び散りを抑えて千切りできます。

実際にキャベツを千切りにしてみましたが、切れ味は悪いと思いました。。

切れないことはありませんが、動画①のようにかなり頻繁に引っ掛かるのでストレスがかかります。

■動画①:100均(ダイソー)キャベツピーラー


比較として、キャベツピーラーの人気が高い”ののじ”のキャベツピーラーで千切りしたのが動画②になります。

切れ味が良く、スムーズに刃が進んでいる様子が分かると思います。

■動画②:ののじ キャベツピーラー

スポンサーリンク

最後に

以上、100均(ダイソー)のピーラーの切れ味をご紹介しました。

切れ味が悪く、かなり使いにくいと感じました。。

ピーラーは普通に使用していれば何年も長く使用できるものですので、100均よりも1000円前後のピラーを購入したほうが良いと思います。

使用頻度の多い方ほど、ストレスなく皮むきができるように、100均のピーラーは避けた方が良いでしょう。

■100均(ダイソー)のスライサーは切れ味がよかったです!
>> 100均のスライサー(ダイソー マルチスライサー)でキャベツを千切り!切れ味などを紹介

タイトルとURLをコピーしました