京セラのキッチンツール(調理器具)のおすすめ!セラミックは切れ味抜群!

今回は、京セラのキッチンツールのおすすめをご紹介します。

京セラと言えば、セラミックを使用しているのが大きな特徴です。

また、カラーのラインナップが豊富な点も京セラのキッチンツールの特徴です!

もちろん、白や黒のように落ち着いた色もちゃんと用意されていますよ^^

今回は、京セラのキッチンツールの中でも、刃物を使用したものをメインでご紹介していきます。

詳しい特徴や使い心地を紹介した記事のリンクも貼っていますので、気になった方はチェックしてみてくださいね。

■セラミック製のメリット、デメリット

セラミック製であるメリットは、ステンレスと比べて刃先がすり減りにくく、鋭い刃先(切れ味)を長期間維持できる点です。

これは、セラミックがステンレスよりもはるかに高い硬度を備えているためです。

一方でステンレスよりも劣るのは、衝撃を与えられた際に欠けやすい点です。

高いところから落下させないように注意が必要です。

スポンサーリンク

京セラ おすすめのキッチンツール:①パン切り包丁

よく見るパン切り包丁と異なり、刃先のギザギザがかなり細かいのが特徴です。

切れ味が抜群に良いので、パン好きの方にぜひおすすめしたい商品です^^

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: bread-knife.png

下の写真は、よく売られている2,000円程度のステンレス製のパン切り包丁と切れ味を比較した写真です。

切った後のパンの断面に明らかな違いがみられました。

ステンレスのパン切り包丁に対し、京セラのパン切り包丁ではパンに刃がすっと入っていく感覚で、切れ味は非常に良いです。

また、ステンレスのパン切り包丁では何度もギコギコとしなければ切れなかったのに対し、京セラのパン切り包丁では少ない回数で切れました。


下の写真は、クロワッサンを京セラのパン切り包丁で切ったものです。

デニッシュ系のパンは、潰れやすくて皮もポロポロとはがれやすいですが、慣れるとかなり綺麗に切ることができます^^

スポンサーリンク

京セラ おすすめのキッチンツール:②スライサー

今回ご紹介するのは、厚さ調節機能付きのスライサーです。

料理に合わせて、3段階(0.5mm、1.3mm、2.0mm)の厚さでスライスすることができます

切れ味は文句なしです。サクサクとスライスできます!

このスライサーの最大の魅力は薄切りのスライスができる点です。

0.5mmの厚さに調節してキャベツをスライスすると、かなりふわふわな千切りにできます

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sliced-cabbage.png

また、玉ねぎを生で食べる時のスライスにもおすすめです。

薄切りのスライスにすることで、辛味も抜けやすくなります

もちろん、じゃがいもや人参のような硬めの野菜も楽々スライスできます!

また、手をケガから守るプロテクターも付いていますので、安全にスライスできます。

手でスライスする場合は、(特に野菜が小さくなってくると)手を切らないように恐る恐るスライスしがちになりますが、

プロテクターを使用した場合は、最初から最後まで素早くスライスできるので時短にもつながります!

最終的に少しは残ってしまいますが、手でスライスする場合と比べると、かなりギリギリまでスライスできます

スポンサーリンク

京セラ おすすめのキッチンツール:③ペッパーミル

ホールの胡椒を購入してペッパーミルで挽いて使用する場合は、ひと手間かかりますが、風味は断然良くなります

毎日の料理の味わいや香りを簡単にアップできますので、ペッパーミルの使用はおすすめです!

京セラのペッパーミルは手動、電動の2種類があります。

手動、電動で共通の特徴

手動、電動で共通の特徴の1つ目は、粗さ調節ができる点です。

下の写真のような調節ネジが付いており、調節ネジを時計回りに回すと細かく、反時計回りに回すと粗く挽くことができます。


粗さ調節をしながら胡椒を挽いたのが下の写真になります。

パウダーから粗挽きまで簡単に調節ができ、色々な料理に活用することができます^^


そして、共通の特徴の2つ目は刃の部分を分解できる点です。

調節ネジを緩めていくことで刃の部分を分解することができ、洗浄することができます。

刃はセラミック製なので、サビを心配することなく水で洗浄できます!

ペッパーミルの多くは本体と刃が一体になっていて、刃の洗浄ができない場合が多いですので、

分解・洗浄が出来て綺麗な状態に保てるのは嬉しいですね^^

手動ペッパーミルの特徴

【サイズ】高さ13cm 幅5.3cm

ペッパーミルの中では高さ、幅ともにコンパクトで、収納しやすいサイズ感になっています

刃の切れ味が良く、軽い力でスムーズに胡椒を挽くことができました。

電動ペッパーミルの特徴

【サイズ】高さ25cm 幅7.5cm

電池(単三電池 × 4本)を入れるスペースが必要になるので、手動のものよりもサイズ感は大きめです。

使用時は本体上部のボタンを押し続けると、電動で胡椒が挽かれます!

片手で簡単に扱えるのが、電動ペッパーミルの最大のメリットだと思います。

料理中に片手がふさがった状態でも胡椒を挽けるのは、かなり便利です!

スポンサーリンク

京セラ おすすめのキッチンツール:④ピーラー

切れ味は良く、野菜の皮をサクサクむけます!

ハンドルの部分は、カミソリのような形状をしています。

一見、力を入れにくそうと思われるかもしれませんが、ハンドルが太めに作られているので、手に良くフィットして力を入れやすいです

また、刃の部分が軽いため、持ってみると想像以上に軽く感じ、操作性は非常に良いです。

芽とりの部分の先端はかなり細く加工されているので、簡単に芽を取り除けました。

スポンサーリンク

最後に

以上、京セラのキッチンツールのおすすめをご紹介しました。

使いやすいキッチンツールで、毎日の料理を快適におこなってください^^

タイトルとURLをコピーしました