玉ねぎ、キャベツをスライサーで極薄に!薄切りできるおすすめのスライサーを紹介

今回はキャベツや玉ねぎなどの薄切りに便利なスライサーをご紹介します。

スライサーを使用することで、プロでないと包丁では難しいほどの極薄切りが可能であり、ふわふわの食感を得ることができます!

キャベツの千切りは、とんかつの付け合わせやコールスローとして使用する際、薄切りにするほどふわふわの食感を楽しめます。

玉ねぎの薄切りに関しては、薄切りにするほどふわふわな食感になるだけではなく、辛味も抜けやすくなるので、玉ねぎサラダを作る際は特におすすめです。


今回は薄切りできるおすすめのスライサーとして、京セラのセラミックスライサーベンリナーの万能野菜調理器の特徴と使い心地をご紹介します。

■関連記事

スポンサーリンク

玉ねぎ、キャベツの極薄切りにおすすめのスライサー①【京セラ】

京セラ セラミックスライサーの特徴

まずは、京セラのスライサーの特徴をご紹介します。

■京セラ セラミックスライサー の基本情報

【サイズ】長さ:約28cm 幅:約9cm

【調節できる厚さ】0.5、1.3、2.0mmの3段階

【参考価格】1345円

【その他】安全ガード付き

他メーカーの商品は、薄切りでも1.0mm程度のものが多いですが、京セラのスライサーは0.5mmの薄切りが可能です。

0.5mm程度の違いと思われるかもしれませんが、この0.5mmの差でふわふわ感はかなり変わります!

また、刃の材質であるファインセラミックは、一般的なスライサーの刃に使用されるステンレスよりも、はるかに高い硬度を備えています。

このため刃先がすり減りにくく、切れ味の良さを長期間維持できます

一方で衝撃に弱い性質がありますので、落とさないように注意が必要です。

刃やブレードの部分に野菜の色がついてしまうこともありますが、漂白可能ですので、汚れても安心です。

収納時には刃が隠れる設計なので安心!

スライサーは刃がむき出しの状態で収納しなければならない商品もあり、

取り出すときに手を切ってしまった。。ということがよく起きているようです。

しかしこちらのスライサーは、厚さ調整のダイヤルを「収納」にダイヤルを合わせることで、ブレードが刃より上になり、手を切る危険が少なくなります。

キャベツ、玉ねぎを極薄に!

0.5mm厚に設定してキャベツ、玉ねぎを薄切りにした出来栄えが下の写真です。

写真を見るだけでもかなり薄めにスライスできていることが分かると思います!

食べてみた感じも、1mm厚さ程度でスライスしたものとはかなり異なり、ふわふわした食感がありました^^

スポンサーリンク

玉ねぎ、キャベツの極薄切りにおすすめのスライサー②【ベンリナー】

ベンリナー 万能野菜調理器の特徴

次に、ベンリナーのスライサーの特徴をご紹介します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: benriner.png

■ベンリナー 万能野菜調理器 の基本情報

【サイズ】長さ:約31.5cm 幅:約9cm

【調節できる厚さ】約0.3~2.0mm(ねじを回して好きな厚さに調節可能)

【参考価格】2400円

【その他】安全ガード付き、千切りに便利な3種類の交換刃(櫛刃)付き

ベンリナーは1台で千切り器にもスライサーにもなり、さらに厚さ調節もできる多機能な調理器です!

厚さ調節は、上でご紹介した京セラスライサーのように何段階といものではなく、ねじを回して細かく微調整できます。

最も薄くスライスできるように調節すると、0.3mmくらいの極薄のスライスができます!

収納時は京セラのスライサーと同じく、刃が隠れるようにできるので安全です!

今回はスライサーがメインなので、千切り器の機能については割愛しますが、詳しくは以下の記事で紹介していますので参考にしてください!

ベンリナー(万能野菜調理器)は便利なスライサー!千切り器にもなる!

キャベツ、玉ねぎを極薄に!

厚さを微調整しながら、スライスできるかできないかくらいのギリギリの厚さでスライスしました。

写真では少し分かりづらいかもしれませんが、京セラのスライサーよりさらに一段階薄くなっています。

玉ねぎは裏が透けるくらいの極薄に切れていました!

キャベツに関しては、これ以上にないくらいにふわふわの食感を味わうことができました^^


▼千切りキャベツの水切りに便利です^^

スポンサーリンク

最後に

以上、野菜の極薄切りにおすすめしたいスライサー2種をご紹介しました。

今回はキャベツ、玉ねぎの薄切りについてご紹介しましたが、じゃがいもを薄切りにしてポテトチップスを作るのにもおすすめです!

パリッと軽い食感でとてもおいしいですよ^^

タイトルとURLをコピーしました